「しま瓜の粕漬けの作り方」をご覧ください。

" />「しま瓜の粕漬けの作り方」をご覧ください。

" /> しま瓜の粕漬けの作り方2日目/酒粕レシピ – 日本酒「井の頭」蔵元/漆戸醸造

しま瓜の粕漬けの作り方2日目/酒粕レシピ

しま瓜の粕漬けの作り方2日目/酒粕レシピ

画像でわかりやすく説明する、しま瓜の粕漬けの作り方2日目。

作り方の詳細は、「しま瓜の粕漬けの作り方」をご覧ください。

ひたひたまで水が上がっているしま瓜を取り出します。[しま瓜の粕漬けの作り方(6)参照]

取り出したばかりのしま瓜。これで10kgほどあります。

しま瓜の粕漬けの作り方

風通しのよいところで半日干します(皮目を下にして、表面をよく乾かします)。[しま瓜の粕漬けの作り方(6)参照]

種が付いていたら、必ず取り除いてください。

しま瓜の粕漬けの作り方

干して4時間後。乾いてきています。

しま瓜の粕漬けの作り方

粕漬け用の容器の底が見えなくなるくらい、粕(酒粕と砂糖を混ぜたもの)をひきます。[しま瓜の粕漬けの作り方(8)参照]

しま瓜の粕漬けの作り方

干した後のしま瓜のフネ全体に粕(酒粕と砂糖を混ぜたもの)をのせます。[しま瓜の粕漬けの作り方(9)参照]

コツは、たっぷりのせること。

しま瓜の粕漬けの作り方

重ならないように皮を上にしておきます。[しま瓜の粕漬けの作り方(10)参照]

重ならないように置ききったところ。

しま瓜の粕漬けの作り方

しま瓜が容器の八分目くらいになるまで(漬けた後に一度縮んだしま瓜が少しずつ膨らみますので、容器の八分目までで終える)、「しま瓜の粕漬けの作り方」の手順(9)~(12)を繰り返します。

最後は粕を全面にひいたところで終わります。

しま瓜の粕漬けの作り方

ぴっちりときっちりと蓋をします(清潔なビニールシート等を蓋の代わりにする場合は、異物混入を防ぐため紐できちんと縛る)。

我が家の場合、1週間ほど常温で置いておき、その後冷蔵庫へ移動して保管します。[しま瓜の粕漬けの作り方(15)(16)参照]


酒粕レシピ

しま瓜の粕漬けの作り方

しま瓜の粕漬けの作り方を画像で説明しています。

しま瓜の粕漬けの作り方1日目
しま瓜の粕漬けの作り方2日目

関連記事

しま瓜の数
しま瓜の種の取り方
容器の大きさ
伊那より暑い地域で作る場合

井乃頭の酒粕(練粕)で作ってみたい方へ

nerikasu0001
井乃頭 酒粕(練粕)3kg
1,300円(税別)


酒粕(練粕)はオンラインショップでご注文いただけます。
オンラインショップ

また、蔵元への直接のお問い合わせにより商品代引きでの発送が可能です(ただし、運送会社の商品代引き決済不可地域を除きます)。
なお、商品代金のほかに送料・代引き手数料を頂戴いたします。
お電話もしくはお問い合わせ欄よりお問い合わせください。
0265-78-2223(営業時間9:00~17:00/平日)
お問い合わせ

平日はほぼ漆戸醸造の酒蔵に併設されている直営店にいます。サイト作成やラベル作りなども担当。3児の母。