兄弟蔵人が醸す、信州伊那谷の酒

10/17は長野の酒メッセ2013

10/17は長野の酒メッセ2013

漆戸醸造も参加する長野県の蔵元自慢の銘酒600点が一堂に会す試飲会「第19回 長野の酒メッセ」が、今年も10月17日に開催されます。

入場料500円割引券が若干ありますので、ご希望の方は漆戸醸造へお問い合わせください(なくなり次第終了となります)。また、お着物でご来場の方には、さらに500円引きにもなりますよ。

皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

(以下、ハガキより一部抜粋)

特別セミナー講師:魚柄仁之助氏(食文化研究家)「酒の肴になる噺・迷宮入りした食文化」(会場:2F 千曲の間・時間:13時~14時・受付開始12時30分)

◎秋の酒「ひやおろし」が一堂に!

◎きき酒コンテスト

◎長野県原産地呼称「長野モデル認定品」お披露目

◎地元作家の酒器販売

◎蔵元お奨めの逸品を販売(長野小売酒販組合のご協力)

日にち:2013年10月17日(木)

時 間:14時~19時30分(受付開始13時30分・受付終了18時30分)

会 場:ホテルメトロポリタン長野・3F浅間の間

入場料:2,000円

主 催:長野県酒造組合・若葉会

※詳細は長野県酒造組合のサイトでご確認ください。

http://www.nagano-sake.or.jp/topics/