「昭和34年度 関東・信越清酒品評会 優等賞受領」の新聞広告

「昭和34年度 関東・信越清酒品評会 優等賞受領」の新聞広告

漆戸醸造では、掲載された新聞記事・広告を丁寧に切り取って綴っていた時代があり、それを今も保管しております。

こちらは昭和34年(1959年)11月20日の新聞広告(伊那夕刊新聞社)。ちょうど、映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の舞台になった年と同じです(ちなみに井の頭がラベル出演したのは「ALWAYS 三丁目の夕日’64」)。

以前に知り合いの年配の男性が、「若い頃、西春近にあった今はもうなくなってしまった酒蔵で少し働いていたことがある」と話してくださったことがありました。

西春近(にしはるちか)とは、現在の伊那市西春近。

この中に、その名前があります。

「龍泉」という銘柄のお酒を造られていた龍泉酒造株式会社です。

昭和34年当時は「上伊那郡西春近村」!

それにしても、「昭和34年度 関東・信越清酒品評会 優等賞受領」の広告からもわかるように、その当時もこの伊那谷では美味しいお酒がたくさん造られていたのですね。

平日はほぼ漆戸醸造の酒蔵に併設されている直営店にいます。サイト作成やラベル作りなども担当。3児の母。