日本酒の日と松茸

日本酒の日と松茸

10月1日は日本酒の日。

そんな日本酒の蔵元としては特別?!な日である今日、ありがたいことに伊那谷で採れた立派な松茸をいただきました。

早速今夜は松茸ご飯を炊くことに。ちなみに日々のご飯を炊いている土鍋で炊きますが、しめじなどのきのこの炊き込みご飯は作ったことがあるものの、今回は松茸ということで、何だかドキドキします・・・。

さて、きのこといえば、何年か前にきのこの学会(正式な名称は不明)があるとのことで、九州から伊那に来たというお客様が酒蔵の併設店舗にご来店されたことがあったのですが、そのお客様が「きのこを一番食べるのは何といっても長野県の人ですよ」とお話してくださったことがありました。

そういえば、酒蔵の古いアルバムにも、きのこ狩りをする昭和30年代頃の写真がありますし、「昔は蔵のみんなできのこ狩りをして、山できのこ鍋を食べたりしたんだよ」という昔話を聞いたことがあります。直売所などにも地物のきのこが時期になると売られていますし、きのこを愉しむ食文化が根強くあるのですね。

きのこに限らず秋の味覚が美味しい盛り。

そんな季節の美味しいものとともに、ぜひ今夜も日本酒で乾杯!

平日はほぼ漆戸醸造の酒蔵に併設されている直営店にいます。サイト作成やラベル作りなども担当。3児の母。