兄弟蔵人が醸す、信州伊那谷の酒

ぶりと鶏肉の粕汁の作り方/酒粕レシピ

【酒粕レシピ】井乃頭の板粕を使った粕汁の作り方

具材の出汁のよくきいた醤油味のお汁に新酒の板粕を入れる、我が家のお年取りで美味しくいただく香り豊かな粕汁です。


材料
・井乃頭の板粕:ふやかしておく
・ブリ:一口大に切る
・鶏もも肉:一口大に切る
・ちくわ:5mm位の輪切り
・人参:3mm位の半月切り
・豆腐(絹ごし):1.5cm位の角切り
・長ネギ:小口切り
・醤油
※材料の量はお好みでご用意ください。

板粕のふやかし方
(1) タッパー等のふた付きの容器に、細かくちぎった板粕と水を入れます(量はお好みで)。
(2) 常温(冬の場合)でそのまま置いておきます(1日おくと、板粕と水が混ざりどろどろになります)。
(3) 冷蔵庫で保管し、2~3日で使い切ってください。

粕汁の作り方
(1) 土鍋に水と人参を入れ、中火にかける。
(2) 人参に火が通ったら、ブリ・鶏もも肉・ちくわを入れて中火で煮る。
(3) ブリ・鶏もも肉に火が通ったら、豆腐と長ネギを入れ(長ネギを入れてからは煮すぎないように!)、味をみながら醤油を足す(ほんの少し濃いめがおすすめです)。
(4) あらかじめ溶かしてある板粕を好みの量だけ入れる。粕の量は4~5人用の土鍋でお玉1杯を目安に、それより多めでも少なめでもお好みの量を入れてください。初めての場合は、酒粕を少しずつ入れて、調節してみてください。また、味が足りない場合は、醤油をお好みで足してください。
(5) 器に盛ったらできあがり。

平日はほぼ漆戸醸造の酒蔵に併設されている直営店にいます。サイト作成やラベル作りなども担当。3児の母。