伊那より暑い地域で作る場合

伊那より暑い地域で作る場合

レシピを公開してから、お問い合わせをいただくことが多くなりました。

「井乃頭の酒粕(練粕)を使った、しま瓜の粕漬けの作り方」をご覧いただいたという茨城の方から、酒粕(練粕)のご注文をいただいたりも。

伊那から遠いところに住んでいらっしゃる方にもこのレシピを見て作っていただけて、嬉しいです。

さて、このレシピは粕漬けの大ベテラン、漆戸醸造の社長の母(2010年8月5日放送のBSフジ「旅するハイビジョン 全国百選鉄道の旅」の「第41回 伊那路の山河を行く~飯田線~」に、粕漬け作りの実演をして、出演)から聞いてまとめたものですが、新たに注意したほうがよいかもしれない点について追加 させていただきます。

というのは、このレシピの製作者も伊那で作ったことがあるのみですので、遠方にお住まいのお客様からお問合せをいただくと、やはり気になることがでてきます。

そのひとつが、「気候のこと」です。

仕込んだ後、1週間ほど常温で保存し、その後冷蔵庫に入れるのですが、伊那は夏でも東京などより涼しいので、その点を考えると、伊那より暑い地域で作られる場合は、早めに冷蔵庫に移動した方がよい可能性があります。

また、レシピにも記載しておりますが、しま瓜に対して、粕(酒粕と砂糖を混ぜたもの)を多めにしていただくと、すっぱくなり難く、上手に漬かりやすいです(多めの粕にしま瓜を入れる感じです)。

美味しい粕漬けができますように。

漬け物はその家により作り方が異なります。この作り方は漆戸家での漬け方ですので、どうぞご了承くださいますよう、よろしくお願いいたします。


酒粕レシピ

しま瓜の粕漬けの作り方

しま瓜の粕漬けの作り方を画像で説明しています。

しま瓜の粕漬けの作り方1日目
しま瓜の粕漬けの作り方2日目

関連記事

しま瓜の数
しま瓜の種の取り方
容器の大きさ
伊那より暑い地域で作る場合

井乃頭の酒粕(練粕)で作ってみたい方へ

nerikasu0001
井乃頭 酒粕(練粕)3kg
1,300円(税別)


酒粕(練粕)はオンラインショップでご注文いただけます。
オンラインショップ

また、蔵元への直接のお問い合わせにより商品代引きでの発送が可能です(ただし、運送会社の商品代引き決済不可地域を除きます)。
なお、商品代金のほかに送料・代引き手数料を頂戴いたします。
お電話もしくはお問い合わせ欄よりお問い合わせください。
0265-78-2223(営業時間9:00~17:00/平日)
お問い合わせ

平日はほぼ漆戸醸造の酒蔵に併設されている直営店にいます。サイト作成やラベル作りなども担当。3児の母。