究極超人あ~る

究極超人あ~る

「究極超人あ~る」というマンガを知っていますか?

「パトレイバー」で有名なゆうきまさみさんが原作のマンガです。

その「究極超人あ~る」のOVAの舞台が、ナント漆戸醸造の目の前の飯田線なのです。

実は、その昔、「究極超人あ~る」を熱心に読んだ記憶があります・・・。

OVAは1991年制作とのこと。OVAの存在自体、知らなかったのですが(その頃の私は高校生なので、ほかに興味が移ってしまったのかもしれません)、飯田線が舞台と知って、何ていうか、ワケもなく勝手に感動してしまいました。

あの「究極超人あ~る」のOVAの舞台になったところに、今の自分が住んでいることが不思議です。

それにしても、このOVAの舞台をめぐる旅を個人的にされている方が、けっこういらっしゃるんですね。

iidasen001

びっくりなのが、今とほとんど変わらないこと。JR伊那市駅前の建物の雰囲気が同じです。今から20年も前ということにも驚きです。

この電車のむこうに見える赤地に黄色のパチンコの文字の看板なんて、当時のまま(アニメのまま)ですよ!

2012年7月28日には、JR伊那市駅の開業100周年記念イベントの一環として「田切駅→伊那市駅・1Hour Bicycle Tour “轟天号を追いかけて”」が開催されています。

伊那市観光協会公式サイトによると(掲載当時)、


伊那市駅開業100周年をお祝いするため、伊那市駅をゴールとしてお手軽・お気軽サイクリングを実施します! これは、アニメ映画『究極超人あ~る』のクライマックス、 「田切駅から伊那市駅まで1時間自転車で走る」シーンの再現です


r002

私もゴールを見に行って来たのですが、本格的な方もいらして、楽しかったですよ。

ゴールは、JR伊那市駅の前にある北原眼科さんのところ。

そういえば、このとき偶然となりにいた年配の男性の方は、新聞記事でイベントを知り、このために(ゴールを見るために)バスに乗ってとなりの南箕輪村から来たと仰っていました。

下駄で闊歩している参加者の方も。

r003

場所を移動して、いなっせの広場では・・・。

コスプレしている方々をみんなでパチリ。

撮る方も撮られる方も、みなさん笑顔でした。

r004

「Cycle 倶楽部R」のシャツを着ていた方も。

下駄や飯ごう・・・イロイロと本格的。

私はただゴールにいただけだったのですが、何だか妙にテンションが上がったイベントでした。

平日はほぼ漆戸醸造の酒蔵に併設されている直営店にいます。サイト作成やラベル作りなども担当。3児の母。