芸大生さんが酒蔵見学

芸大生さんが酒蔵見学

今日の夕方、東京芸術大学の学生さん約20名が酒蔵見学にお越しになりました。

なぜ芸大生さんが?というと、東京音楽学校(現在の東京芸術大学音楽学部)の初代校長だった伊澤修二(1851年~1917年)が伊那市高遠町出身であることから、伊那市は東京芸術大学とは縁があり、その一環で伊那市に来られていた芸大生さんたちが酒蔵見学をされたのでした。

酒造り真っ只中の蔵の中を見ることはなかなかない経験かと思いますので、よい機会になったのではないでしょうか。

帰られる頃にはすっかり日も暮れ、真っ暗になっておりました(今日は伊那市内にご宿泊だそうです)。

ちなみに、芸大生さんの一番人気は純米吟醸でしたよ。

平日はほぼ漆戸醸造の酒蔵に併設されている直営店にいます。サイト作成やラベル作りなども担当。3児の母。